今日はクルスタルカじいさんの新しい「家」を見に行くことになっていたから、朝からわくわくしていた。長老ヤドカリのクルスタルカじいさんは、きれいなピンク色の丸屋根やらせん階段、曲がりくねった塔、みごとな斑点模様がついた素敵な貝がらにいつも住んでいる。でも今度の新居は豪華なお城じゃない。古びたココナツの殻のような粗末な小屋に身を縮めるようにして暮らしている。

「アル・バラカートの辺りまで、ブルービーチをしらみつぶしに探したけれど、ちょうどいいサイズの貝がらが見つからなかったんだよ」とクルスタルカじいさんは窮屈そうにため息をつく。

「私たちヤドカリには外骨格がないから、成長したら体を保護するために新しい貝がらを見つける必要がある。どんな生き物にとっても引っ越しは大変だけど、私たちは数週間に一回は宿替えしなくちゃならないからね!」

私は自分の貝がらコレクションや海で見つけた宝物のことを思い出して気もそぞろになってきた。もしかして、拾っちゃいけなかったのかな?クルスタルカじいさんにこのことを打ち明けた。

「ねえ、Kaku。貝がらはヤドカリの家になるだけじゃない。カタツムリや二枚貝、カサガイなど、他の生き物の家にもなるんだ。小さな魚が捕食者から身を隠す場所にもなるし、海辺の鳥が巣を作るのに使うときもある。それに、サンゴ礁にある貝がらには海藻が着生するんだ」「壊れた貝がらには栄養が豊富に含まれていて、砂の中の生物のエサになるし、最終的にはビーチの砂になるんだよ」

今日はクルスタルカじいさんの新しい「家」を見に行くことになっていたから、朝からわくわくしていた。長老ヤドカリのクルスタルカじいさんは、きれいなピンク色の丸屋根やらせん階段、曲がりくねった塔、みごとな斑点模様がついた素敵な貝がらにいつも住んでいる。でも今度の新居は豪華なお城じゃない。古びたココナツの殻のような粗末な小屋に身を縮めるようにして暮らしている。

「アル・バラカートの辺りまで、ブルービーチをしらみつぶしに探したけれど、ちょうどいいサイズの貝がらが見つからなかったんだよ」とクルスタルカじいさんは窮屈そうにため息をつく。

「私たちヤドカリには外骨格がないから、成長したら体を保護するために新しい貝がらを見つける必要がある。どんな生き物にとっても引っ越しは大変だけど、私たちは数週間に一回は宿替えしなくちゃならないからね!」

私は自分の貝がらコレクションや海で見つけた宝物のことを思い出して気もそぞろになってきた。もしかして、拾っちゃいけなかったのかな?クルスタルカじいさんにこのことを打ち明けた。

「ねえ、Kaku。貝がらはヤドカリの家になるだけじゃない。カタツムリや二枚貝、カサガイなど、他の生き物の家にもなるんだ。小さな魚が捕食者から身を隠す場所にもなるし、海辺の鳥が巣を作るのに使うときもある。それに、サンゴ礁にある貝がらには海藻が着生するんだ」「壊れた貝がらには栄養が豊富に含まれていて、砂の中の生物のエサになるし、最終的にはビーチの砂になるんだよ」

私は周囲を見回し、自分の間違いを理解した。モルディブに来るすべてのゲストがたとえ一つでも貝がらを拾って持って帰ってしまったら、毎年何百万個もの貝がらがなくなってしまう!年々影響が増していくことを考えると…

「ビーチから持ち帰っていいのは思い出だけさ」とクルスタルカじいさんは微笑んだ。「大切なものだってことを理解し、持ち帰るものを減らしていけば、もっとバランスのとれた世界になるだろうね」

そう言うと、クルスタルカじいさんは新しい家探しに出かけて行った。私は集めた貝がらを元の場所に返すために、急いで家に帰った。

私は周囲を見回し、自分の間違いを理解した。モルディブに来るすべてのゲストがたとえ一つでも貝がらを拾って持って帰ってしまったら、毎年何百万個もの貝がらがなくなってしまう!年々影響が増していくことを考えると…

「ビーチから持ち帰っていいのは思い出だけさ」とクルスタルカじいさんは微笑んだ。「大切なものだってことを理解し、持ち帰るものを減らしていけば、もっとバランスのとれた世界になるだろうね」

そう言うと、クルスタルカじいさんは新しい家探しに出かけて行った。私は集めた貝がらを元の場所に返すために、急いで家に帰った。